免疫力アップには???

PM2.5に関する情報を見つけたので、転記しておきます。
有害物質は、現実に、うようよあるものです。
人が弱くなり、抗体がなくなっているので、すぐに病気を発症してしまうのかもしれません。

O157で下痢を止めた人だけが亡くなったと聞いています。

大切なことは、入れないじゃなくて、入ったものをデトックスする力をもつことです。

だから、吐いたり、外に吹き出す力をもって、人は正常化するのかもしれません。

免疫力の強い体を作ることです。

微小粒子状物質(PM2.5)に関するQ & A
Q. 微小粒子状物質(PM2.5)とは、どのようなものですか。
A. 微小粒子状物質(PM2.5)とは、大気中に浮遊する小さな粒子のうち、粒子の大きさが
2.5μm(1μm=1mm の千分の1)以下の非常に小さな粒子のことです。その成分には、
炭素成分、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩のほか、ケイ素、ナトリウム、アルミニウ
ムなどの無機元素などが含まれます。また発生源によりさまざまな粒径のものが含まれ
ており、地域や季節、気象条件などによってその組成が変動します。
オゾンと反応して生成されます。
Q. どのような健康影響がありますか。
A. 微小粒子状物質(PM2.5)は粒子の大きさが非常に小さい(髪の毛の太さの30 分の1)
ため、肺の奥深くまで入りやすく、喘息や気管支炎などの呼吸器系疾患のリスクの上昇
が懸念されます。また、肺がんのリスクの上昇や、循環器系への影響も懸念されていま
す。

Q. どの程度の濃度になると健康影響が生じますか。
A. 微小粒子状物質(PM2.5)の環境基準(人の健康を保護する上で維持されることが望ま
しい基準)として「1年平均値が15μg/m3 以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3
以下であること」と定められています。環境省が平成25 年2月に設置した「微小粒子
状物質(PM2.5)に関する専門家会合」では、健康影響が出現する可能性が高くなると
予測される濃度水準として、注意喚起のための暫定的な指針となる値を1日平均値
70μg/m3 とを定めています。但し、呼吸器系や循環器系の疾患のある者、小児や高齢者
などでは、個人差が大きいと考えられていることから、これより低い濃度でも健康影響
が生じる可能性は否定できないとされています。この暫定的な指針となる値については、
今後新たな知見やデータの蓄積等を踏まえ、必要に応じて、見直しを行うこととしてい
ます。


次回の魔女っこ勉強会では、そのあたりのお話をしたいと思っています。
プロフィール

魔女soros

Author:魔女soros

充実版はこちらから↓
魔女のひとりごと充実版
 つきつき会員専用 魔女のひとりごと充実版
-ご注意-
充実版はつきつき会員様専用ブログです。毎月送られてくる会報誌に記載のパスワードでログインしてください。
ジャストメルマガ登録
魔女からの新着情報やブログには書けないお宝情報を知りたい方は是非ジャストのメルマガに登録してね!情報は宝よぉ~(^_-)-☆
パソコン用メルマガ登録
携帯用メルマガ登録
携帯電話での受信時の注意とお願い
ジャストイベント情報
魔女の紹介(^^)/
リンク
魔女っ子・つきつき会員リンク

つきつき会員リンク・身の丈起業情報

魔女の一押し(^O^)
愛しのリーモ☆魔女リーモ
 魔女が作りました!阿蘇黄土リモナイト配合プレミアムトリートメントクレイパック
愛しのリーモ☆魔女リーモ 黒箱
愛しのリーモ☆魔女リーモ 白箱

ソロス式 宇宙からの贈り物
ソロス式 宇宙からの贈り物
ソロス式瞑想プログラム
ソロス式 瞑想プログラム
魔女の小冊子「これまでのあなた
そして これからのあなた

これまでのあなたそしてこれからのあなた
リスト

携帯でも見てね!
QR
天気予報
ブログ内検索
☆☆☆

majosorosをフォローしましょう
ご訪問ありがとうございます


無料カウンター

RSSリンクの表示